小樽ゴールド

otarugold.exblog.jp
ブログトップ
2011年 08月 27日

ハルカヤマ藝術要塞 その1

秋に向かう北海道!

なんだコレは?
e0236326_1134742.jpg
と思い、侵入。
e0236326_1152183.jpg

蝉のDUB beatに包まれて歩くと
e0236326_1163480.jpg
e0236326_116494.jpg
怪しいぞっ!
e0236326_118376.jpg

ぬかるみの中、麦わら帽子のおじさんのあとを追いかけると、
e0236326_1194942.jpg

カタツムリ
e0236326_1110244.jpg


e0236326_11105920.jpg

小屋??

http://harukayama.jpn.org/

また、偵察レポートします!!
つづく
[PR]

# by otarugold | 2011-08-27 11:42 | イベント
2011年 08月 24日

otaru gold #10 feat. Sado Fujio

みなさん!こんにちはわ。
お盆も過ぎて、猛烈な暑さもあっという間に通り過ぎ北海道は秋へと向かっています。
森の緑は濃くなり、空は高さを増す!いいー気持ちです。
芸術の秋ですね!!

さて、先日小樽在住のアーティスト 佐渡富士夫さん(1958生まれ)のアトリエ兼お宅へお邪魔してきました。

小樽の潮見台の森の中にひっそりと佇むアトリエ。

扉を開けると、テレビの画面にはウッドストックのライブの映像と音楽が鳴り響いています。
e0236326_12425964.jpg


机の前では、ノミとトンカチでカンカン、コンコン、なにやら木版を彫刻しているようでした。

「いらっしゃい!」と手を安め、お茶を差し出してくれた佐渡さん。
e0236326_12433537.jpg


アトリエには、エベレストのアンナプルナの写真やら山岳地図、ギッシリと詰まった書籍類。

この空間から生み出しているんだな!と実感できるアトリエは、まるで佐渡さんの頭の中に入ったような感覚です。


作品のスタイルは、佐渡さんのスタイルそのまま!

まだまだ、精力的に作品を生み出し続ける佐渡さん。

近く、小樽のハルカヤマ藝術要塞http://harukayama.jpn.orgに作品が展示されるようです!!
[PR]

# by otarugold | 2011-08-24 13:31 | MOVIE
2011年 08月 10日

KEISON DVD now on sale!!

otaru gold#1のオープニングムービーの挿入曲のミュージシャンであり、
日本のサーフミュージックオリジネーターのKEISONのドキュメントムービー2作、生まれました。

1、SUNNYDAY tour KEISON in the HOKKAIDO
2008年、北海道サミットで厳戒態勢の中、ケイソンを初めて北海道に呼んで函館、札幌と連れ回し、最後は札幌のBUDDY BUDDYで最高の夜を迎え、その後小便臭い路地裏でごろ寝!の結末
e0236326_23451192.jpg

収録曲/Breath,風をさがして,Slow Life,空に,太陽,Jamming,ギミヨラ,Sky Time 約66min


2、KEISON 生
2010年、北海道の波に乗るべくツアーを組み、見事に奇跡のような波を当てまくったケイソン。
利尻に来た3年ぶりと言わしめたグッドウェイブ、世界遺産知床半島の両サイド、道東のメローな波、日本海のジャンクウェーブ!をパドボーで見事に乗りこなすケイソンはまさに海男。波男。
e0236326_23433566.jpg

収録曲/Slow Life,逃避行SOS,明日,太陽のあたる場所,My Way,Under the Sky,風をさがして,Jamming,Jack,24,EGO&??? 約77min

どちらも税込¥2,100。KEISON&328オンリーの限定販売となってます。

328が出逢った、素晴らしいミュージシャンKEISONを生よりも生々しくをモットーに撮影、編集した作品です。また、328初のミュージシャンのドキュメント作品でもあります。

KEISONが好きな人、興味ある人、328を知る人、どなたも一度ご賞味下さい!

オーダーはstudio328☆live.jp(☆を@に変換して)で受け付けます。
住所、氏名、連絡先を教えてください。

生々しく産地直送致します。
[PR]

# by otarugold | 2011-08-10 00:09 | MOVIE
2011年 06月 30日

otaru gold #9 feat.雲海

あーーーっと言う間に、6月も後半。
今年の6月は寒かったーー。
でも、夏を楽しむべく海の家ガルーダの準備をしたり、景色を探したり、現場に働きに行ったり!!
6月の北海道は凄く気持ちがいい。新緑の時期で、緑が若草色の薄い緑で光に輝くんだよね。

で、6月のフューチャーは、小樽に来て最も感動したと言ってもいい、雲海。
小樽の奥沢や朝里方面から赤井川、キロロへ向かう393号線に向かう途中にある標高470mにある毛無山展望台。
札幌近郊のカップルのドライブデートの定番ポイントで、素晴らしい小樽の景色が見られる。
この展望台で6月に雲海が見られることは、あまり多くの人に知られていない。
現に、自分も札幌に住んでいながら、全くこの現象が小樽で見られるとは思っていなかった。
過去の小樽にゆかりのある芸術家も雲海を捉えていないのは、この雲海を知る人が少ないことを現している。

偶然見られるようなもので、まぼろしの小樽雲海と言っても過言ではない!!
だってさあ、小樽市内の天気が悪いときにわざわざ展望台に向かう気にはあまりならないっしょ。
だから、キロロ方面から小樽へ向かう時に、フッと展望台に寄った場合に目撃できるって言うのがほとんどな気がする。更に、標高470mと低い位置で雲海が発生する事実は、海と山に囲まれた小樽の街の宝だ!!
キロロ方面から小樽に下る途中の展望台であることから、条件的にはその人達の感覚では晴れている景色を想像するんだよね。でも展望台に着いて小樽の街を見下ろそうとイメージして車から降りると、一面雲に覆われた雲海を目の当たりにする。当然、みんな声が出る!!予想してない世界が見えるからね!!

「わーーーーっつ!凄い!!こんなのないよねーー。」って言う感動の言葉が9割。
1割位の少数派は「ありゃーーー!なんも見えないわ!」ってそそくさと帰っていく人もいるんだなあ。

人それぞれ、感動もあれば、ガックリもある。感じ方は自由だけど、俺はココロが踊る。
地球のエナジーを感じる現象に遭遇出来てるからね。鳥になれるような!!雲を下に見るって事は日常ではない。その日常ではない自然現象に一喜一憂して生きる!!
これが俺のライフスタイルかな!!?

小樽ニュー都市伝説カップルで雲海を見て、そのあとに仲良くあんかけ焼きそばを食べたら、とろけるように幸せになれる!!

まだ、今年もチャンスはある。朝は天気が良く、昼ぐらいに曇ってきたなあって位の薄曇りの時がチャンスだ!!前の日が雨だったら更に確立高し!!みんな、小樽に来てhappyになろーや!!

輝け!小樽
[PR]

# by otarugold | 2011-06-30 12:29 | MOVIE
2011年 06月 09日

かなた アート展2011

2011・5・11-6・5までの間、市立小樽美術館1Fの市民ギャラリーにて小樽にゆかりのあるアーティスト達の展覧会が開催されました。

小樽にゆかりのある、と言うことで、小樽生まれや小樽育ち、現在小樽に住んでいる21名のアーティスト達が作品を出展しており今回は2年目ということです。

老若男女、入れ乱れた展覧会ですが、堅苦しすぎず、ラフすぎず、小樽ゆかりのアーティスト達の魂の篭った作品が魅力的に発信されていました。

6・4(土)には雷が響く中、ヴァイオリニストの杉田知子さんと舞踊の藤間扇久華さんによるギャラリー内でのコラボレーションが行われました。
演舞のラストには東北大震災のあった日の<2011311>のタイトルの作品の前で、迫真の演舞を披露され、観客の喝采をあびていました。
杉田さん&藤間さん曰く、皆さんの作品と出来る限り、近くでいっしょになって演じたかった!とのこと。また、ラストの震災日のタイトルの作品の前では非常に力が入った!とも語っておられました。

<かなた art circulation>とは
それぞれの作家同士が、個々の表現を通して交流する場を形成し、お互いに刺激を与え合いながら、より高次の表現を目指す展覧会。

<アーティスト>
浅賀正生 上嶋秀俊 小川豊 嘉賀博俊 神田泰行 kit_A 國松明日香 齋藤周 佐藤文音 佐渡富士夫 高野理栄子 高橋一文 谷口明志 ダム・ダン・ライ 中丸大輔 坂東宏哉 松田研 三宅悟 村山之都 森 万喜子 山本まり子
<ヴァイオリン>
杉田知子
<舞踊>
藤間扇久華


輝け!小樽
かなたに光を!!
[PR]

# by otarugold | 2011-06-09 18:19 | MOVIE
2011年 06月 06日

OTARU GOLD#8 feat.SHIOYA GOLD

小樽塩谷ビーチも素晴らしい、パワースポット!
大自然に包まれた塩谷GOLD!!
海、山、そら、この距離感!

いやーーー、自然って、本っ当に、イイもんですねーー!
感謝!!
[PR]

# by otarugold | 2011-06-06 10:42 | MOVIE
2011年 05月 27日

OTARU GOLD#7 beach cat

猫とおじさんの海

こんな時代だから、癒されてください。


[PR]

# by otarugold | 2011-05-27 10:22 | MOVIE
2011年 05月 26日

OTARU GOLD#6 sunset time

最近、ムカついてばかりなので、リセットしまーーーす!
一点ばかり見てると、周りが見えなくなっちゃうから、ひとまず深呼吸。

イラついたり、ムカついたり、悔しかったり、悲しかったり、忙しかったり、寂しかったり.....
そんな人はみてください!
俺の愛する小樽銭函ドリームビーチからの夕日。


陽が長くなってきた、6月22日が今年の夏至(一番陽の長い日)で、この日までがどんどんと陽が長くなるので、嬉しいね!

でも、あとたったの一ヶ月しかない。長い陽を楽しもう!!
[PR]

# by otarugold | 2011-05-26 23:04 | MOVIE
2011年 05月 26日

otaru gold #5

削除されたTVニュース付きでの<小樽お掃除デモしませんか?>の様子です。


次回、是非参加したいと言う方はコメントください。

何とかしなければ、小樽が、日本が!!
正義がなくなるよ!

キレイにしよう 小樽。
[PR]

# by otarugold | 2011-05-26 22:20 | MOVIE
2011年 05月 25日

担がれ市長の市政と姿勢!!

遂に、初めて小樽市議会に潜入してきました。
残念ながら、傍聴席側。
けたたましい鐘の合図で議会がスタート
今回は<小樽市長のパー券問題>に関する臨時会ということもあり、傍聴席は満席。関心の高さが伺えます。
e0236326_10565631.jpg

<小樽パー券問題>
4月の北海道小樽市長選で初当選した中松義治市長(64)のパーティー券を公務員の地位を利用して販売したとして、札幌区検は20日、政治資金規正法違反の罪で、市の山崎範夫総務部長(58)と部長級職員ら計12人を略式起訴した。
 12人は、3月で退職した3人を含む部長級職員と中松市長後援会の松川明充元事務局長(62)。団体としての後援会も略式起訴され、ほかに書類送検された3人は起訴猶予処分となった。
 起訴状によると、山崎総務部長は3月中旬、松川元事務局長に頼まれ、3千円のパーティー券、143枚(計42万9千円)を庁舎内で部下に売ったり、部長らに販売を依頼したりし、部長らは自分の部下にそれぞれ10枚前後を売ったとしている。政治資金規正法は公務員がパーティー券を販売することを禁じている。e0236326_10432719.jpg

たちが悪いのは、このパー券問題は過去からの流れであったと言うこと。
公平性を保つべく公務員が、選挙に関わることをしないのが世の常。
(危ない橋は渡らない!)のがほとんどなのに、小樽は(赤信号、みんなで渡れば怖くない)の考え。
で、結局、なにが起こっているか?というと
24年間、小樽市役所&商工会議所&自民党&民主党&公明党が担いだ市長が誕生しているわけ!!

今の小樽は大変疲弊している情勢。昔の輝きは無く、2010年には人口減少による過疎地指定を受けている、破綻は目前!1970年代には約20万人いた人口も2011年13万人と減少に歯止めがきかない状態。高齢者ばかりの街、若者は小樽外に出ていく!の図式

小樽が疲弊している図式の根底には、
24年間、魂を売り自身の昇給と昇格に身を捧げた小樽市役員。
裸の王様にハダカと言えない小樽商工会議所員。
党の推薦、支持がなければ市議にも市長にもなれない、政治家。

 これは、まさに北朝鮮のシステムと同じではないか!!?
自分で考える思考を捨てた小樽市民は破綻へと突き進んでいる。
 今回のこの事件に関しても、逮捕者を出した市長サイド(市役所、商工会議所、自民党、民主党、公明党)は、ダラダラと風化させ、何事も無く走り出すつもりだ。

政治資金規制法違反で逮捕された(公平な立場にある公務員がその地位を利用して選挙に関わった。パー券約150枚を庁内販売の斡旋)、小樽市役所総務部長 山崎範夫はこの選挙の選挙長なのにだ!!。e0236326_10552094.jpg

また、特別職であるが故におとがめがなかった山田厚 副市長は、最初はパー券販売に関わっていなかったと嘘を言いながら関わっていた。しかも、4年前の選挙時には選管の注意を受けてパー券の回収を勧告されていたのだ。更に、今回の選挙では選挙数ヶ月前に、小樽市役所内に「選挙の際には選挙違反がないように!」とのメールを自身名義で配布していたのだ!!
山田厚 副市長は4年前の勧告を「忘れていた!」ととぼけている。
また、新市長 中松義治はこの事件に関して「私は担がれただけ!」とのトップの自覚なしの無責任発言で、市民を失意のどん底に叩き落とした。

 また、今回関わっていた他の略式起訴された小樽市役所幹部は新市長「中松義治」を推していていたわけで、市長と共に必死になって保身している図式。

これが今の小樽市役所、市長、副市長、各幹部!の全貌。

どこが公平なの?
「公平な選挙を!」って唄う、副市長!や選挙長が不正を行なっている嘘をつく、市政の姿勢!!
再発防止策として「外部から調査委員をつくる」と言ってるが、それも犯罪を犯した自分らサイドで招集するらしい、また、その外部調査委員の費用は血税での負担となるのだ。

小樽市議の方たちは?今回の事件などに関する市政(市長)の問題をキレイにするのが、市議の役割。
しかし、市議も各党から無所属を語りながら推薦されて出ているのがほとんどで、中松市長を推していた、自民党、民主党、公明党に属する、または推薦をうけた市議は、追求の手を緩めに緩めているのが現状だ!
 市政の姿勢をチェックする立場の議員が、市政を擁護する側に回っている。
しかも、質疑といいながら柔らかく優しくおべっか使って、気を使いながら、愛想振りまいての市長へのパー券問題の追求!!には、同じ市議選を戦った者として、強く憤りを感じている。

正々堂々!義を貫く!市議はいないのか!?

e0236326_10435349.jpg
本物の眠る街 小樽よ!眠りから覚めろ!
誰かがやってくれるなんて時代は終わった!
自分らでやらなければならない!
勇気を持って、小さな一歩から
けっこう、楽しいぜ!

キレイにしよう 小樽!
輝け 小樽!

[PR]

# by otarugold | 2011-05-25 11:20 | 選挙ドキュメント